チビ男の服装をイメチェンしたい人へ!コーデのコツはこれだ

チビな男性の服装はどうすればいいのか?ファッションのコツやコーデで気をつけるポイントを紹介。

チビ男のファッションコーデの3つのコツ!服装はこれで決まり

チビな男にオシャレは無理!?モテない!?

そんなこと誰が言いましたか。


芸能人には、チビな男がたくさんいます。


外でいちゃついてるカップルだって、背が高くない男がかわいい彼女を連れています。

爆笑問題の田中さんだって結婚しました。


ちょっとしたコツを覚えるだけでチビな男もモテるんです。

「雰囲気イケメン」になるためのハードルは意外と低いんですよ。

f:id:tibi-otoko:20170311094124j:plain


今回は、チビな男性がイメチェンしてかっこよくなるための3つのコツをご紹介します。

 

コツ①足元はスッキリさせる

 

チビな男性がまず意識したいのが、全体のバランスです。


チビな男性は頭が大きく、足は短く見えやすいですよね。

その欠点を減らすことでオシャレ度が一気にアップします。


全体のバランスを考えると、大事なのはパンツと靴です。


チビな男性が意識して欲しい点は2つ。


・パンツや靴は黒っぽいもので統一

・シワが少ないパンツを履く


論より証拠。

実際に比べてみましょう。


最初に、暗めの色のデニムパンツと靴を合わせたもの。

f:id:tibi-otoko:20170311094404j:plain


足がスラッとしていて、バランスが良いシルエットです。


ところが同じ人でも、パンツを明るくすると…

f:id:tibi-otoko:20170311094412j:plain


どうでしょうか。

足が太く、短く見えませんか?


明るいパンツは、足が太く見えます。

シワが多いパンツを履くと、さらに短足を強調する結果に…


足下は暗めに、シルエットはスッキリさせる。

チビな男の鉄則です。

 

コツ②色はモノトーン+1色が簡単

 

次に意識したいのが、色の使い方。

オシャレに自信がない人は、色をモノトーンに近づけるのが簡単です。


・白、グレー、黒をベースにする

・その他の色は1色まで


これを意識するだけで、印象がすごく変わります。


例えばこのコーデ。

デニムパンツの青以外は、白や黒を使っています。

f:id:tibi-otoko:20170311094448j:plain


パーカーも色の合わせ方を意識すればこの通り。

カジュアルなのに、どこか落ち着いていてオシャレです。

f:id:tibi-otoko:20170311093731j:plain


モノトーンから離れると…

 

f:id:tibi-otoko:20170311094510j:plain

変ではないですが、オシャレとは言いにくいですよね。


色々な色を使った服装は、センスに自信のある上級者向け。

ちょっと失敗すると、ダサい服装になってしまいます。

 

コツ③カジュアル要素を減らしてみる


最後に意識して欲しいのが、カジュアル要素を減らすこと。


足元はスッキリさせる

モノトーン+1色


これもカジュアル要素を減らすことを意識しています。


カジュアルな服を着るときほど、この点は重要です。


例えばパーカー。

普通に着ると、とてもカジュアルな服装になりますよね。

f:id:tibi-otoko:20170311094618j:plain


カジュアル要素を減らすことを意識すると…

f:id:tibi-otoko:20170311094625j:plain


どうでしょうか。

カジュアルだけど、どこか大人っぽく見えませんか?


1番簡単にカジュアル要素を減らせるのが靴です。

スニーカーなら、黒っぽくてロゴが目立たないものがおすすめ。

f:id:tibi-otoko:20170311094647j:plain


スエード調の落ち着いた靴やブーツも便利です。

パンツや靴でカジュアル要素を減らせば、上半身はカジュアルな服でもバランスが良くなります。

f:id:tibi-otoko:20170311094716j:plain

チビな男の服装は作るより選べ

 

いかがでしょうか。

ファッションについて深く考えると、難しいですよね。


いきなりお店に行ったとしても、うまくコーディネートできない人がほとんどです。


今までの自分とは違う自分になりたい。

そう思うならば、まずは全身コーデをセットで手に入れてはどうでしょうか。


俗に言うマネキン買いってやつです。

実際にお店に行って「あのマネキンと同じものくれ」っていうのは恥ずかしいですが、通販なら…


全身コーデを「作る」のは難しい。

でも「選ぶ」なら簡単なんです。
↓↓↓↓